自分の信用情報を確認することは出来るのか?

開示方法の具体的な手順は?

開示報告書のどこを注視すればよいのか?

 

クレジットカードを新規に作ろうとした時や住宅ローンの申し込みをした時、信販会社や銀行などの金融機関は、あなたの過去をチェックしている。

あなたにお金を貸しても大丈夫なのか、あなたが信用するに値する人間なのか、心配だからだ。

審査が通らない場合、あなたの信用情報に何らかの理由で“傷”が付いている可能性がある。いわゆるブラックリストに載ってしまった状態だ。

自己破産したなど明確な理由があるのなら別だが、なぜ審査に通らないのか分からない場合もあるだろう。そんな時は、自分の信用情報を取り寄せて確認することが出来る。

 

ここでは、信用情報の開示方法や取り寄せた報告書の見方について解説していく。

一度ブラックリストに載ってしまったらいつまでこの状況が続くのか、間違った情報が記載されていた場合どうしたらよいのかなど、詳しく説明していくのでぜひ参考にしてほしい。

 

信用情報とは?


 
信用情報とは、クレジットやローンの契約や申し込みに関する情報のことを言い、「個人を特定するための情報」と「個人の属性情報」が登録されている。

具体的には下記のような情報だ。

個人を特定するための情報

  • 氏名および生年月日
  • 自宅住所および自宅電話番号
  • 勤務先とその住所および電話番号
  • 運転免許書番号など身分証明書類の記号、番号

個人の属性情報

  • 契約に係る情報(登録会社名、契約日、金額、返済回数など)
  • 返済状況についての情報(残高や該当付きの支払・入金状況など
  • 割賦情報(年間支払見込み額など)
  • 延滞など金融事故に係る情報

 

これらの信用情報を一括して収集・管理しているのが「信用情報機関」だ。加盟会員からの照会に応じて信用情報を提供している。

信用情報機関は日本には次の3つが存在しており、業種によってどの機関に加盟するか分かれている。一つの機関にしか加盟しない会社もあるが、複数の機関に加盟している会社もある。

  • KCS
  • CIC
  • JICC

 

・KCS (全国銀行個人信用情報センター)

全国銀行協会が運営する信用情報機関で、主な加盟会員は銀行や銀行系のクレジットカード会社になる。保有する信用情報は約8000万件に上る。

住宅ローンや中小企業の事業融資など大きい金額のローンを扱うため、他の信用情報機関よりも事故情報に関する保有期間が長い。

・CIC (割賦販売法・貸金業法指定信用情報機関)

信販会社や信用保証会社、自動車や機械などのローン・リース会社、携帯電話事業者の他に、一部の消費者金融や銀行、労働金庫など、943社が加盟している。

情報保有件数も7億628万件と非常に多く、また月に1回の更新が会員各社に義務付けられているため、情報の精度が高いと言われている。

・JICC ㈱日本信用情報機構

貸金業者系の信用情報機関であり、消費者金融の約80%以上が加盟している。信販系や流通系のクレジットカード会社や保証会社、リース会社なども加盟会員だ。

2006年に貸金業法が改正された際に、新規基幹システムを導入し、登録された情報がリアルタイムで更新されるようになった。そのため同時に複数のカードの申し込みをしても、すぐに発見される。

 

信用情報は機関ごとに独自に管理されているのだが、相互交流ネットワークを通じてお互いの情報を交換し合っている。

相互交流ネットワークには次の2つがある。

FINE

CICとJICCの2つの機関におけるネットワーク。

下記の情報を共有している。

  • 本人特定情報(氏名・住所・生年月日など)
  • 契約情報(契約年月日、貸付金額、残債、遅延の有無)
  • 申込み情報

CRIN

KCS、CIC、JISS、3つの機関が運営するネットワーク。

FINEよりも扱う情報は少なく、信用情報のうち、延滞・紛失・盗難・同姓同名の別人に係わる情報について共有している。

 

銀行系(KCS)のクレジットカードで延滞を起こしてブラックリストに載ってしまったから、消費者金融系(JICC)に加盟している業者で新規にカードを作ろうと思っても、ブラック情報が共有されているため審査が通らないのである。

 

信用情報を開示する方法とは?

延滞など身に覚えが無いのにローンの審査に落ちてしまった。クレジットカードやローンの申請の前に、審査に通るか確認したい。

そんな時は自分で各機関に信用情報の開示請求を行えば良い。請求の仕方には、郵送や窓口、パソコンなどを利用する方法があるのだが、機関によって異なる。

 

KCS CIC JICC
郵送
窓口 ×
全国6か所

東京と大阪のみ
パソコン/
スマートフォン
×
PDFファイルにて

スマホのアプリにて

郵送

3機関とも手順はほぼ同じ。必要書類は下記の通り。

  1. 信用情報開示申込書・・・各機関のサイトからダウンロードしてプリントアウトする
  2. 手数料1000円・・・
    定額小為替証書を同封するか、クレジットカード、銀行ATM、コンビニ払いなどで支払う
  3. 本人確認書類・・・免許証などのコピーを同封する

 

支払方法は、各機関によって多少異なる。KCSは定額小為替証書のみ。

窓口

CIC

  1. 開示相談コーナーにあるタッチパネルに必要事項を入力する
  2. 手数料500円
  3. 窓口に本人確認書類を提示し、報告書を受け取る

JICC

  1. 窓口に備え付けの申込書に記入
  2. 手数料500円
  3. 本人確認書類を提示し、報告書を受け取る

 

どちらもその場で情報報告書を発行してもらえる。

パソコン(CICのみ)

  1. インターネット利用環境を確認
  2. クレジット会社等に届けている電話から、CICの受付電話番号へ電話し、受付番号を取得する
    (この時支払い用のクレジットカードの有効期限が必要)
  3. 取得した受付番号と必要事項をパソコンに入力(1時間以内に!)
  4. 開示報告書のPDFファイルをダウンロードする(印刷可)

 

自宅に居ながら開示請求が出来、報告書もすぐに入手できる。

スマホ

CIC

PDFファイルが閲覧出来ればOK。手順はパソコンと同じ。

JICC

  1. 「JICC書類送付アプリ」をダウンロード
  2. 必要事項を入力し、本人確認書類の画像を送信する
  3. 決算手続きのメールが届くので、以下の方法で手数料1000円を支払う
    クレジットカード、コンビニ払い、銀行ATM、オンラインバンキング
  4. 不備が無ければ、数日後に書留で報告書が郵送されてくる

 

信用情報の見方とは?

 

ここでは、CICから入手した信用情報報告書の見方を解説していく。ポイントとなるのは、次のA~Fである。

A・・・登録元会社

この報告書の情報は「○○○クレジット㈱」から登録されたものである

B・・・契約内容・契約年月日

○○○クレジット㈱とは、平成23年3月21日にクレジットカードの契約をした

C・・・報告日・残債額

平成26年4月20日現在、20万円の残債があり、その内5万円がキャッシングの残債である

D・・・返済状況(移動発生日)

長期(61日以上または3ヶ月以上)における返済の遅れがある場合、「移動」と記載される。

平成25年12月10日から延滞が発生している

E・・・入金状況

内容によって次のような記号で表示される。平成25年12月から未入金となっている

記 号 内 容
請求通りの入金があった
請求額の一部が入金された
お客様以外から入金があった
お客様の事情で、お約束の日に入金が無かった(未入金)
お客様の事情とは無関係の理由で入金が無かった
入金されていないが、その原因が分からない
空欄 クレジット会社等から情報の更新が無かった

F・・・保有期間

契約が終了されていない(完済されていない)ので、空欄となっている。

完済されたら、この情報が削除される日付が記載される。(完済日を起算日として通常5年後)

 

特に注視するのが、D~F欄だ。カードやローンの審査が通らない原因がここではっきりと分かるはずだ。

 

そもそもなぜ信用情報が登録されるの?

自分の知らないところで個人情報がやり取りされているのは気分が良くない。個人情報保護法に違反しているのではないか?と思う方もいるだろう。

しかし、信用情報の登録はクレジットやローンの契約時に自分自身で同意しているのを忘れていないだろうか。

クレジットカードを作る時、契約書の裏面などに薄くて小さい文字で「信用情報の登録に同意する」旨がしっかりと記載されている。説明を受けた覚えがないという方もいるかもしれないが、自署押印した時点で同意したと見なされる。

また信用情報を登録することは、割賦販売法や貸金業法で義務付けられている。業者側が自分たちを保護するために勝手に情報を収集しているわけではないのだ。

 

情報はいつまで残るの?消す事はできないの?

信用情報はいつまで残るのだろうか。延滞などのブラックな情報は一生消えないのだろうか。また、何とか消す手段はないのだろうか。

登録期間は情報の種類によって違う

信用情報は永遠に登録されるわけではない。登録期間が過ぎると削除される。

登録期間は、信用情報機関によって、また情報の種類によって下記のように異なっている。

KCS CIC JICC
申込に関する情報 6ヶ月 6ヶ月 6ヶ月
契約、返済に関する情報 5年 5年 5年
延滞に関する情報 5年 5年 1年
強制解約や任意整理に関する情報 5年 5年 5年
自己破産や個人再生に関する情報 10年 5年 5年

 

延滞や任意整理などでブラックリストに載ってしまっても、5年経てば信用情報から削除され、再びクレジットカードやローンの申請が出来るようになる。

ただし、これで審査が100%通るかは定かではない。審査基準はあくまでも金融機関側の内規によるものである。

登録情報を消すことは基本的に不可能

登録情報が事実であれば、消すことは不可能だ。ただし、完済して5年以上経過しているのに、信用情報から削除されていないことも稀にある。

このように間違った情報が登録されている場合は、訂正・削除してもらうことが出来る。

登録元であるクレジットカード会社などに直接連絡して訂正してもらうか、開示請求から2ヶ月以内であれば、信用情報会社を通じて調査を依頼する。

 

まとめ

信用情報とは、クレジットやローンの契約や申し込みに関する情報のことで、具体的には、「個人を特定するための情報」と「個人の属性情報」が登録されている。

現在、信用情報を収集・管理するための「信用情報機関」は3つ(KCS、CIC、JICC)存在しており、お互いに情報を共有している。

 

信用情報機関に開示請求を行えば、自身の信用情報を取り寄せて確認することが出来る。

郵送や窓口、パソコンなど、機関によって請求の仕方は異なるが、500円から1000円の手数料で報告書を入手できるので、不安のある方は一度取り寄せてみよう。

 

開示報告書が手に入ったら、特に「返済状況」「入金状況」「保有期間」を注視してほしい。

ここに“移動”と記載されていれば長期の延滞が発生している事になり、完済しない限り登録情報が消えることは無い。万が一間違いがある場合は、すぐに訂正や削除を依頼しよう。

 

登録された情報は永遠に残るわけではない。最長でも10年で削除される。しかしその間は新規にカードも作れないし、ローンの審査も下りない。

不便な生活を強いられると共に、チャンスを逃すことにも繋がるので、細心の注意を払う必要がある。




年収400万円から始めて3年で家賃収入2000万円オーバー 
ゼロから毎月50万円以上の副収入を得ていく方法
無料動画講座で解説中


「今の生活に満足していますか?」


この無料の不動産投資講座では、当時27歳の年収400万円の私自身が実際に不動産投資に取り組み

・なぜ不動産業者にまかせで物件(特に新築)を購入してはいけないのか?

・どうやって銀行から融資を引くのか?

・なぜ区分マンションがダメなのか?

・なぜ1棟を購入するまえに太陽光発電や風力発電に投資をしてはいけないのか?

・なぜ本当にゼロの状態から3年で家賃収入2000万円以上を達成できたのか?

・手出し無しのオーバーローンや諸経費だけ手出しのフルローンを活用して物件を買い進めたメソッドとは?

・良い物件を見つける“ほんのちょっと”のコツとは?

など、私の体験談にもとづく、物件購入のポイント融資付けのノウハウなどを動画講座として配信しています。


これまでに、
不動産投資の初心者ですが、注意することはなんですか?」

区分マンションを購入してしまい、どうしたらいいのか分からないです・・・」

積算評価が低い物件ばかりを購入してしまいました・・・」

などの多くの質問に答えてきた内容をまとめています。


動画講座の登録はとても簡単。

以下のボタンをクリックして、メールマガジンの登録を進めてください。

そうすると、すぐに1つ目の動画があなたのメールアドレスに届けられます。

ぜひ、この動画講座であなたの不安をなくしてください

無料動画講座の詳細を見る