Reading Tom:Barclays Bank:https://www.flickr.com/photos/16801915@N06/

 

融資がつく銀行が見つからない!

千葉銀は個人でも融資がつく?

新設法人は断られる?

 

千葉県では大手となる千葉銀行では、不動産経営における融資を行っている。
もちろん「誰でも」ということはなく、融資を受けるには条件が必要だ。

ここでは、千葉銀行の融資条件について紹介していく。

そもそも千葉銀行とは?

千葉銀行は千葉県内では最大手の銀行。
単独の地方銀行として考えても、総資産で横浜銀行に次ぐ規模を誇る銀行である。

地方銀行でありながら、ニューヨークや香港など海外にも支店を持っている。

投資家のブログやメルマガでよく名前が出てくるだけあって、収益物件への融資は他の銀行と比べても積極的に行っている。

千葉銀行では「ちばぎん金利選択型アパートローン」という融資商品と、法人に対する事業性設備資金融資(プロパーローン)が存在する。

千葉県または、千葉銀行の支店がある関東近郊であれば、積極的に融資を受け付けてくれるので、関東圏で規模の拡大をしていく上では外すことのできない金融機関と言えるだろう。


千葉銀行の融資条件とは?

千葉銀行の融資条件はどうなっているだろうか。
2017年度時点の詳細をまとめていく。

融資エリア

 

 

主に千葉県内

支店のある東京都内、埼玉、神奈川、茨城も可能

利用できる方 原則として以下条件をすべて満たすこと

・貸出時の年齢が満20歳以上

・安定した収入がある

・ちばぎん保証の保証を受けられる

・不動産賃貸が本業ではない

法人への融資 新設法人でも可
評価方法 申請者の居住地に支店がある
融資限度額 1億円以内(単位は10万円単位)
融資期間 1年以上35年以内

ただし耐用年数でみる支店もあり

融資金利 下記より選択が可能

・変動金利

・固定金利(適用期間3年、5年、7年、10年)

優遇措置 なし
返済方法

 

元利均等毎月返済
繰上返済 繰上返済手数料が必要

(固定金利期間中の全額または一部の繰上返済は原則不可能)

保証人 以下に該当する場合は必要

・所得合算をする場合
・物件を共有または別途に担保提供する場合
・団体信用生命保険を付保しない場合

担保 ちばぎん保証(株)の保証
団信 任意加入

融資エリア

千葉銀行で最も有利に借り入れができるのは、千葉県内に住んでいる場合だ。
千葉銀行のエリアは銀行名の通り、千葉県全域に広がっている。

最近では少しずつエリアを伸ばし、関東近郊での融資も可能になった。
東京都、埼玉県、神奈川県、茨城県でも借り入れが可能になる。

条件としては千葉銀行の支店があることである。

利用できる人

千葉銀行のアパートローンを利用できるのは個人事業のみである。
更に以下の条件を求められる。

・貸出時の年齢が満20歳以上であること。
団体信用生命保険を付保する場合は、満20歳以上満70歳未満であること。

・安定した収入があること。

・千葉銀行で運営している「ちばぎん保証(株)」の保証を受けられること。

・複数の賃貸用不動産を所有するなど、不動産業を本業としていないこと。

新設法人への融資可否

新しく設置された法人の融資も可能となっている。
新設法人も積極的に相談をしてみてほしい。

評価方法

千葉銀行で融資を受ける際に、重要視されているのは
申請者の居住地に「千葉銀行の支店」が存在するかということだ。

他銀行のように積算評価や収益還元評価も審査対象になるが
それに加えて支店があるか否かが重要になる。

融資額の上限

融資の上限は最高で1億円以内となっている。
単位は10万円単位で選択が可能である。

融資期間の上限

融資期間は最短で1年、最長で35年以内となっている。
1年単位で選択することができる。

団体信用生命保険を付保する場合は、最終返済時の年齢は 満75歳未満とされている。

融資金利

変動金利と固定金利のどちらかから選ぶことが可能である。
固定金利は(適用期間3年、5年、7年、10年)より選択できる。

変動金利の場合、約定返済日にいつでも、変動金利から固定金利に変更が可能。
その際には条件変更手数料が別途発生する。

固定金利の場合は、選択時の適用利率が固定金利期間終了時まで適用される。
固定金利期間終了後、選択の申し出がない場合は変動金利となるので注意が必要だ。

千葉銀行を利用する際の注意点

千葉銀行で融資を受ける場合に気を付けたいのは、申請者の居住地である。
千葉銀行はその名の通り、千葉県内に居住地があるのが最も好ましい。

最近は融資エリアの拡大により、東京など関東近郊に、千葉銀行の支店があれば融資可能となっている。

言い換えれば支店がなければ融資を受けるのは難しいということだ。
住んでいるのが関東でも、不動産投資を関東以外の地方で行いたいという場合も、融資が難しい場合がある。

千葉銀行を利用する前に、近くに支店があるか確認をした方が良いだろう。


まとめ

千葉銀行は申請者が千葉に住んでいて、且つ不動産物件も千葉にある場合、最も有利に借り入れすることができる。

金利を選択することができる上に、途中で変更も可能なので、条件が合えば利用しやすい銀行といえる。
優遇措置はないが、誰でも平等に借り入れできるということが言える。

逆に県外での不動産経営を考えている場合は、融資条件が厳しくなる可能性があるので慎重に検討したい。




年収400万円から始めて3年で家賃収入2000万円オーバー 
ゼロから毎月50万円以上の副収入を得ていく方法
無料動画講座で解説中


「自己資金が少ないケド、どうしよう...」

「良い物件が見つからない...」

と悩んでいませんか?


この無料の不動産投資講座では、当時27歳の年収400万円の私自身が実際に不動産投資に取り組み

・なぜ少ない自己資金から不動産投資が始められたのか?

・どうやって自己資金を増やして行けばいいのか?

・良い物件はどのようにして見つけるのか?

・オーバーやフルローンのために、銀行融資で注意したこととは?

など、私の体験談にもとづく、物件購入のポイント融資付けのノウハウなどを動画講座として配信しています。


これまでに、
不動産投資の初心者ですが、注意することはなんですか?」

今の自己資金で不動産は買えますか?」

良い物件はどのように見つければいいですか?」

などの多くの質問に答えてきた内容をまとめています。


動画講座の登録はとても簡単。

以下のボタンをクリックして、メールマガジンの登録を進めてください。

そうすると、すぐに1つ目の動画があなたのメールアドレスに届けられます。

ぜひ、この動画講座であなたの不安をなくしてください

無料動画講座の詳細を見る