都心はもちろん、地方に行っても駅前などに支店を見かけるのが三井住友銀行である。こちらで不動産融資を受けたいと考えている人も多いのではないだろうか。

三井住友銀行にはある特徴的な融資条件がある。これをクリアできるか否かで、三井住友銀行を利用すべきかは別れるところだ。

ここでは三井住友銀行のアパートローンの特徴や融資を受けるための条件や注意点をまとめていく。

三井住友銀行の特徴とは?

三井住友銀行は各地で見かけることの多い有名銀行である。いうまでもなくメガバンクといえる銀行のひとつで、三菱東京UFJ銀行、みずほ銀行よりも融資に積極的であることで知られている。

三井住友銀行は住友銀行とさくら銀行が合併してできた銀行であり住友グループ・三井グループが中核企業として抱える都市銀行である。

全国的に支店網があることもあり、収益物件への融資には非常に積極的だ。また、遠方の物件にも前向きに融資をすることが多いことでも知られる。

例えば、東京の人が名古屋の物件を買ったり、大阪の人が福岡の物件を買うなどの融資にも積極的に応じてくれるといわれている。条件を見極めて上手に活用していきたい銀行である。

三井住友銀行アパートローンの融資条件とは?

三井住友銀行の融資条件はどうなっているだろうか。2017年度時点の詳細をまとめていく。

融資エリア 三井住友銀行の支店のあるエリア
利用できる方 借り入れ時の年齢が満20歳以上
法人への融資 可能
評価方法 積算評価と収益還元評価
融資限度額 200万円以上1億円以内
融資期間 1年以上35年以内(最長)
融資金利 変動金利型/固定金利特約型
優遇措置 なし
返済方法 元利均等返済方式/元金均等返済方式
繰上返済 固定金利期間中の繰上返済は不可だが、それ以外は要相談
保証人 法定相続人の中から原則1名以上の連帯保証人が必要
担保 融資により取得される物件に、三井住友銀行を抵当権者とする抵当権を設定
団信 任意で加入可能

融資エリア

三井住友銀行の融資エリアは全国の支店があるエリアが有効となる。

三井住友銀行は沖縄を始めとする一部の県には支店がないこともあるがほぼ、全国に支店を持っている。

言い換えれば、ほぼ全国規模で融資が可能といわれている。居住地から離れた場所での物件購入に対する融資も可能である。

利用できる人

三井住友銀行の融資を受けるためには、借入時の年齢が満20歳以上であることが条件だ。その他、勤続年数が2年以上であること、税金の未納がないことなどもあげられる。

実質個人とみなされる不動産管理会社での借り入れも可能。その場合は、三井住友銀行所定の条件をクリアすることが必要である。

新設法人への融資可否

新設法人への融資も積極的に行っている。個人と資産管理法人一体での審査で対応される。融資の場合は、代表者以外の連帯保証人を求められることが多い。

評価方法

積算評価と収益還元評価を合わせた評価方法を実施している。収益評価は、満室家賃ではなく、現状家賃がベースとなるので注意したい。

評価額を出した後に、掛け目を入れた金額が担保評価されるので、厳しい評価となる。頭金を3割要求する支店が多いので、頭金がないとなかなか融資を受けることができないと言われている。

支店や都心の営業部では、頭金1割以下でも融資を受けられることもあるので、知り合い経由などで担当者を紹介してもらうとスムーズに進むだろう。

融資額の上限

融資額の上限は200万円以上、1億円以内となっている。該当する賃貸物件の建築・購入・価格などの範囲以内で10万円単位で設定が可能である。また、担保となる物件の評価によって制限が架かる場合がある。

融資期間の上限

融資期間は1年以上、30年以内で、1ヶ月単位で設定ができている。金利が固定金利特約型の場合は、2年以上35年以内となる。

融資の対象になる物件の構造などにより、最長何年になるのか判断される。最長35年となる融資は数少ないので、最長でも30年と考えておくのが良いだろう。

融資金利

金利は「変動金利型」または「固定金利特約型」のどちらかから選択できる。

変動金利型は毎月1日に融資利率を見直し、翌月の返済日の翌日から適用となる。また、固定金利特約型への切り替えも可能である。

固定金利特約型を利用する場合は、10,800円の手数料が発生する。融資期間の範囲内で2年・3年・5年・10年・15年・20年の中から固定金利期間を選ぶことが可能だ。

固定金利期間終了後は再度、固定金利期間を設定することもできるがそのままの場合、変動金利型となる。固定金利期間中に変動金利型へ切り替えることはできない。

三井住友銀行を利用する際の注意点

三井住友銀行の融資の現状を見ると、頭金が必要なケースが多いのでフルローンで融資を受けることは難しいといえる。

どちらかといえば、富裕層向けで考えられている傾向にあるのである程度の金融資産を保有していないと、融資は難しいといえる。

知名度が高く融資には積極的な銀行なので、頭金問題をクリアできるのであれば、融資を受けるのに適した銀行といえるだろう。

まとめ

三井住友銀行はメガバンクのひとつであり、不動産融資に積極的な銀行である。融資金額も融資期間も、他の銀行に負けないので初めてでも利用しやすいだろう。

しかし三井住友銀行がネックなのは、融資条件に購入物件の3割ほどの頭金を要求する場合が多いことだ。まとまった資産がある場合は良いが、そうでない場合は、融資が難しいともいえる。

支店や都心の営業店であれば3割を1割にしている所もあるので、紹介や下調べが必要な銀行である。




年収400万円から始めて3年で家賃収入2000万円オーバー 
ゼロから毎月50万円以上の副収入を得ていく方法
無料動画講座で解説中


「今の生活に満足していますか?」


この無料の不動産投資講座では、当時27歳の年収400万円の私自身が実際に不動産投資に取り組み

・なぜ不動産業者にまかせで物件(特に新築)を購入してはいけないのか?

・どうやって銀行から融資を引くのか?

・なぜ区分マンションがダメなのか?

・なぜ1棟を購入するまえに太陽光発電や風力発電に投資をしてはいけないのか?

・なぜ本当にゼロの状態から3年で家賃収入2000万円以上を達成できたのか?

・手出し無しのオーバーローンや諸経費だけ手出しのフルローンを活用して物件を買い進めたメソッドとは?

・良い物件を見つける“ほんのちょっと”のコツとは?

など、私の体験談にもとづく、物件購入のポイント融資付けのノウハウなどを動画講座として配信しています。


これまでに、
不動産投資の初心者ですが、注意することはなんですか?」

区分マンションを購入してしまい、どうしたらいいのか分からないです・・・」

積算評価が低い物件ばかりを購入してしまいました・・・」

などの多くの質問に答えてきた内容をまとめています。


動画講座の登録はとても簡単。

以下のボタンをクリックして、メールマガジンの登録を進めてください。

そうすると、すぐに1つ目の動画があなたのメールアドレスに届けられます。

ぜひ、この動画講座であなたの不安をなくしてください

無料動画講座の詳細を見る